原料について

原料について

新潟の小麦の動向、耕作放棄地の募集など
様々な活動を行っています

小麦について

雪に強い小麦「ゆきちから」

小麦について

 小麦は新潟県で古くからうどんやまんじゅうの原料として栽培されてきました。明治になると新潟県農業試験場により品種比較試験による在来種の選抜や人口交配による新品種育成試験が行われていきます。寒さに強い麦(耐寒性品種)が必ずしも雪に強い麦(耐雪性品種)ではありません。北海道や東北地域など寒冷地で作られている品種でも本県のような積雪地域では越冬できないことがよくあります。積雪地域で越冬でき、収量の安定した品種を育成することは戦前戦中の食糧難の時代には非常に需要だったと考えられます。優良品種により積雪地帯の麦作は著しく安定しました。
 戦後の混乱期を過ぎて、昭和30年(1955年)頃からの高度経済成長期を経て所得水準の向上や食糧需要の変化、農業従事者の急激な減少と兼業化、農村人口の都会への流出など、農村を取り巻く現状は大きく変化しました。さらに1954年のMSA小麦輸入協定により外国産小麦の輸入が増大し、栽培が大きく減少しました。
 昭和58年(1978年)から水田利用再編対策事業が始まり、水田転換畑で栽培することが奨励されると従来の普通畑ではなく水稲の転作として栽培面積が増加しましたが再度減少に転じ平成9年(1998年)には完全に無くなりました。
 しかし、小千谷の農家、山口氏は試験栽培から年々生産量を増やし、今では県内各地の農家が小麦を作るようになり平成26年(2014年)には年間42tまで増え今後も少しずつ増えていく予定です。
 本県で栽培される品種は耐雪性の強いものが求められています。
 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 東北農業研究センター(旧 東北農業試験場)で研究が進められ、寒冷地向けの早生で多収、耐寒雪性、耐病性の強い小麦として誕生したのが「ゆきちから」です。
 県産醬油復刻プロジェクトの小麦の品種は「ゆきちから」を使用しております。